カラマーゾフの兄弟

「カラマーゾフの兄弟」
ドストエフスキー 著、亀山郁夫 訳、光文社古典新訳文庫

話題になっていたので読んでみた。ロシア文学をたしなむなんて頭良さそうだろう?

まだ読んだのは1巻だけ。下品でサイアクな(えーと、ND な)父親フョードル・カラマーゾフと3人の息子の物語。素直で純真な3男、アリョーシャが主人公。

物語はヒステリックな会話を中心にすすんでいくのでちょっと疲れるけど、面白い。

カラマーゾフの兄弟」への0件のフィードバック